導入事例 Works

万代書店 長野店様 -あおぞら電力PPA太陽光発電導入事例

■導入年月/2019年02月  ■導入場所/長野県長野市


万代書店様は関東甲信越地方に8店舗を展開する大型エンターテイメントリサイクルストアです。 不要になった趣味のアイテムをお店に持っていくだけでお金に換えてくれる買取を古くから実施され、取り扱いのジャンルはファッション、おもちゃ、ゲーム、CDDVD、楽器や釣具、デジタル家電まで幅広く、それぞれ他店には負けない高価買取を実現されていらっしゃいます。

今回は  店長の中澤 様にお話し致しました。


導入目的

長野店は年中無休の運営をしており、照明や空調にかかる年間の電気料金はとても高額でした。

店舗の照明はすでにLED照明を導入していましたので、他に電気料金削減ができる事業としてあおぞら電力の導入を決めました。

太陽光発電はCO2排出量の削減ができ、地球環境にも優しいところも決め手になりました。


設置システム概要

  • パネル設置箇所
    店舗屋根
  • 発電出力(パネル)
    73.46kW
  • 発電出力(パワーコンディショナ)
    49.00kW
  • 太陽光発電面積
    約500㎡
  • 管理設備
    発電量遠隔監視システム
  • 方位(真南を0度として)
    西へ15度
  • 傾斜
    2度(屋根なり)

あおぞら電力の魅力について

魅力は、設置費用、管理費用が一切かからず導入でき、さらには自家消費することで月々の電気料金も削減できるところです。

太陽光発電は故障していても気付きにくいものですが、サンジュニアさんで毎日発電状況を確認いただいておりますので発電ロスの心配もなく安心しております。


導入してみて

導入してからの一年間の発電量は87,002Wh発電し、CO2の排出量は42t-CO2/Wh削減できました。

たくさんかかっていた消費電力ですが、予想よりも発電してくれていますので電気料金削減に役立っています。


今後の展望

安価にたくさんの物が手に入る時代になりましたが、リユース・リサイクル事業を通じて環境活動に貢献できるように努めます。

自分には価値が無くなってしまった物を売ることが出来、他の人には価値があるものを買うことが出来る。楽しく夢のある魅力的な店舗運営を末永く続けて行きます。