節電サーモ Power Saving Thermostat

節電サーモ

「節電サーモ」は、凍結防止ヒーター専用のサーモスタットです。専用設計ですので、凍結防止機能はしっかりと果たしながら、従来品に対して約90%(*1)の節電を達成しています。電気代の節約はそのまま、CO2の削減 に結びつきます。つまり、家にやさしく、家計にやさしく、地球にもやさしい。環境時代の節電サーモです。長野県下を中心に45万本以上の販売実績があり、寒さの厳しい地域で非常に高い評価を得ています。
※1:気象条件やヒーターの種類により節電率は多少異なります。

寒冷地の電力需要ピークは冬にやってきます。

電力消費のピークと言えば空調の需要が多い夏場をイメージされる方が多いかと思います。特に近年の夏は35度を超え、40度に迫る日も多く、節電よりも、エアコン、命を守ることが大切です。冬場も空調でエアコンを使用することもありますが、暖房は灯油やガスを使った高効率の熱源と組み合わせることも多く、それほど電気を使っているイメージはないかもしれません。そのため、「節電」、「省エネ」というと真夏をイメージしがちです。しかし、寒冷地では電力消費のピークは実は冬にくるのです。(下記グラフ参照)この原因はどこにあるのでしょうか?

実は、寒冷地の冬に電力消費が大きくなるいちばんの原因は水、お湯の配管を凍結から守る「凍結防止ヒーター」が大きく関わっていると言われています。冬の水配管、お湯の配管を凍結から守ってくれる凍結防止ヒーターですが、寒冷地では常に配管を温め続けるために多くの電力を消費してしまうのです。冬にもかかわらず、朝一番の水が普段よりわずか暖かく感じることはありませんか?これは凍結防止ヒーターが配管を守っていてくれることの証です。この凍結防止ヒーターの消費電力に着目し、電気代を大きく削減することができるのが凍結防止ヒーター専用の節電器、「節電サーモ」なのです。


凍結防止ヒーターの役割と機能

凍結防止ヒーターとは、冬季の最低気温が摂氏0度を下回る地域の水道管を電熱線で暖め、凍結を防ぐ装置です。
冬季の外気温により水道管が凍結すると、まずは凍結により水が流れなくなることで水、お湯が蛇口から出なくなります。(外気温0度から−2度程度、無風)この段階であれば専用の装置(解氷器)を使用することで氷を溶かすことで水が使用できる様になります。急な温度低下などにより、配管内の多くの水が凍結してしまった場合、水と氷の体積差により、配管を破裂させてしまうこともあります。(外気温−3度以下、無風)この場合、配管を組み直すことでしか解決することはありません。

凍結による不便を解消するために、配管への本屋、凍結防止ヒーターといったものが開発され、寒冷地の多くの住宅に設置されています。凍結防止ヒーターは外気温が下がると自動的に配管を温めるためのサーモスタットを搭載し普段の暮らしでは意識することはありません。お宅の外壁に沿って配管が立ち上がっている箇所があるかと思います。保温材が巻かれた配管に沿って、凍結防止ヒーターは設置されています。


電気の無駄を省くこと。地球環境を考えるサンジュニアの結論です。

通常、凍結防止ヒーターは5度でスイッチが入り、10度付近で切れます。サーモスタットの精度にもよりますが、製品によっては秋の終わりから春までヒーターのスイッチが入りっぱなしということもあります。たとえば1000Wのヒーターであれば一冬150日の24時間稼働で、電気代は8万円を超えるほどになります。寒冷地に住むことにこれだけのハンデは大きすぎます。そこで当社ではこの電力消費を削減できる製品の開発に着手しました。小学校で実験した通り、水は0度以下で氷に変わります。「節電サーモ」は、その当たり前の原理に着目し、凍結防止ヒーターの動作制御を0度付近で細やかに行うことで約90%(長野市地域)の節電に成功しました。目指したのは「凍る直前まで通電しない」「凍結事故は絶対起こさない」。1度に満たない温度の制御を詳細に行うことによって導き出された結論を製品にしました。

凍結防止ヒーターの制御

従来のサーモスタットは、かなり余分に凍結安全を考え、5度で通電、10度になるまで切れない、という設計になっています。冬季の気温が常に0度以下となる地域ではこの動作でも問題はありません。しかしながら、画像の様に朝は氷点下、昼間は10度未満まで気温が上がるといった地域では昼間の時間は「凍結の心配がないのに凍結防止ヒーターが作動している」時間となってしまいます。例えば画像の場合、0度以下になっている時間は1日のうち9時間程度です。制御を緻密に行うことができればヒーターの稼働時間1/3以下に抑えることができそうです。

節電サーモの制御

節電サーモは0度以下のみで凍結防止ヒーターを作動させます。さらに0度以下でも通電のON、OFFをこまめに行うことでさらに凍結防止ヒーターの稼働時間を短縮します。画像の例では、外気温が0度を下回る0時から9時の間に凍結防止ヒーターの稼働時間を限定し、さらに凍結に至らない範囲でこまめにスイッチのON、OFFを繰り返すことで消費電力量の大きな削減を達成しています。このように、日中の気温と夜間の温度差が大きくなる地域は日本の寒冷地では多く見られます。お住まいの地域の状況によって節電サーモの効果は変わりますが、条件があえば、非常に大きな効果が期待できます。

ひと冬でおよそ40,000円の節約効果も

右記の表は、11月から4月までの長野市での一般家庭での通電時間、電気料金のデータです。節電サーモを凍結防止ヒーター10本に接続し、導入前とのデータを比較したところ、約40,000円以上電気代を節約することができました。

節電サーモを四本取り付けたことを考えても1年目から2万円の節約です。費用対効果は目を見張るものがあります。豊かな暮らしと、豊かな地球、普段は見ない給湯器周りに、わずかな工夫で大きな効果です。


取付カンタン! 一度つければ1年中そのままでOK!

節電サーモは取り付けも簡単です。また、0度以下にならなければ通電することもありませんので寒くなるごとにつけたり、はずしたりもありません。耐久性にも優れていますので、一度つければ安心です。

①今ある凍結防止ヒーターの電源を抜きます。

②抜いた凍結防止ヒーターを節電サーモにつなぎます。

③節電サーモをコンセントにつなげればOK!後は1年中つけたままで安心です。

 

サービスエリア内であれば、弊社社員が直接お伺いして取付を行わせていただきます。
ぜひお問い合わせください。


お求めはオンライストアまたはお近くのJAまで

凍結防止ヒーターの節電対策の決定版!節電サーモは地域のJA(長野県、群馬県、埼玉県、東京都、山梨県、栃木県、茨城県)またはオンラインからもご注文いだけます。下記当社オンラインショップまたはAMAZONで「節電サーモ」と検索してください。