導入事例 Works

株式会社フレアオリジナル様 -あおぞら電力PPA太陽光発電導入事例

■導入年月/2020年02月  ■導入場所/長野県埴科郡坂城町


2008年(平成20年) 3月 坂城町南条で工房フレアを創業。

2012年(平成24年) 3月 株式会社フレアオリジナルに商号変更し、産業用ロボットシステムの設計から製作までをワンストップで対応している。

メーカーが無くなりお困りのお客様から、装置一式すべてをお任せしたいというお客様まで、自動車関連や半導体関連など様々な分野の会社様へ他分野で培ってきたノウハウを最大限に活かして対応させていただいております。

お客様の理想のシステムをバーチャルリアリティ(VR)システムを使用した3Dシュミレーションでご提案しております。こちらは装置完成前に動きやサイズ感など現実そのままを目の前に体感しながらの打ち合わせができ、分かりやすいと好評をいただいております。

今回は田中 陽一郎社長にお話しを伺いました。


導入目的

はじめは屋根貸し事業とあおぞら電力事業の両方の提案をいただきました。

収益の計算をしていただき両方とも利益の出る事業でしたので迷いましたが、

せっかく太陽光を導入するなら自分たちで消費してみようとあおぞら電力事業を

選びました。


設置システム概要

  • パネル設置箇所
    工場屋根
  • 発電出力(パネル)
    30.78kW
  • 発電出力(パワーコンディショナ)
    22.00kW
  • 太陽光発電面積
    約190㎡
  • 管理設備
    発電量遠隔監視システム
  • 方位(真南を0度として)
    西へ75度
  • 傾斜
    4度(屋根なり)

あおぞら電力の魅力について

初期費用や管理費用がかからないのが大きな魅力だと思います。

20年間という長期間の稼働は機器の故障で高額な修理も発生するかもしれませんが、そのようなリスク無く太陽光発電システムを導入できました。


導入してみて

自家消費しているおかげで電気代が削減できているのを実感しています。

また、未来のこどもたちの為にもCO2削減もできていると思うと導入して良かったと思います。


今後の展望

私たちが本社を構える坂城町も再生可能エネルギーの積極的な活用と環境にやさしいまちづくりを進めています。今後、太陽光発電をはじめとした自然エネルギーがより普及し、エネルギーの地産地消をしながら、ここ坂城町からより多くのお客様へ快適なロボットの提案ができたらと思います。