導入事例 Works

JAみなみ信州 喬木支所 様

■導入年月/2013年07月  ■導入場所/長野県下伊那郡喬木村


長野県下伊那群喬木村にあるJAみなみ信州喬木支所様に46.816kW(モジュール出力)の太陽光発電システムのご導入を頂きました。


導入目的

当JA支所は2013年の移転新築に伴い、太陽光発電システムを導入致しました。
恵まれた自然環境と整った日射条件など太陽エネルギーの利用には適した条件が揃う施設への導入となります。
移転先の地区には、いたるところに太陽エネルギー利用機器が設置されていて、以前より太陽エネルギーに慣れ親しんでいる地区となります。
新築に伴う太陽光発電システムの導入は、当然の事ながら事業としての成り立ちを前提に行っています。幸いなことに、再生可能エネルギーの固定価格買取制度は、設置から20年に渡りその条件を保証して頂けるという事で、事業開始の目処がすぐにたちました。


設置システム概要

太陽光発電設備

  • パネル設置箇所
    社屋屋根
  • 発電出力(パネル)
    46.816kW
  • 発電出力(パワーコンディショナ)
    40.0kW
  • 太陽光発電面積
    約360m2
  • 管理設備
    発電量遠隔監視システム

設置条件

社屋屋根

  • 方位(真南を0度として)
    0度
  • 傾斜
    0度(屋根なり)

導入後の発電数値

発電量をインターネット経由でチェックしておりますが、安定した発電をしてくれている様です。私どもがみている発電量のデータは、窓口にてお客様にもご確認頂いてご参考にして頂いています。
設備を設置する際に新規に取付けた電力会社のメーターをみる事も所員の毎日の日課となっております。